進化しました!ハネ上げフレーム。

はね上げフレームをご存じですか?
フロント部分がレンズごと上に持ち上がるタイプのフレームです。

上にはね上げたときは裸眼でものを見ることになりますので、メガネを外すと近くが見やすい近視の方に最適です。
はね上げメガネ自体は昔からあるのですが、デザインがいまひとつのものが少なくなく、ちょうど老視がはじまる年代の方におすすめしづらいこともありました。

しかし!ここ最近ははね上げに見えないデザインのフレームが登場しています。

まずはたまむら眼鏡のTG Craftシリーズ

たまむらたまむらはねあげ

回転動作軸が摩擦抵抗ではなく、バネの応力によって支持されるよう回転動作軸上に滑り止め用の凹部を設け、また応力を外部に取り付けたネジによって調整できる構造になっています。(特許第4883771号)
これにより、レンズを上げる際に眼鏡がずれる・上げにくい、レンズを上げた状態で使っていると下がってくる、と言うような問題も解消されます。

そしてもうひとつ、三工光学のdunです。

ドゥアンはね上げ

自社開発によるオリジナルはね上げ機構(特許出願中)はデザインに上手に溶け込むよう工夫されています。また、店頭にて増締めすることによりパタつきが直り、ハネ上げ機構が回復します。

このふたつなら、おしゃれにこだわるお客様にも自信をもっておすすめできます!
近くを見るためにメガネをずり下げたり、ど根性ガエルのヒロシのように頭に乗せてしまうお客様!
はね上げフレームはおすすめです^^

Share