マルチアーチのちょうどいい掛け心地 バネリーナ

最近は、テンプルにバネのような弾力性を持たせたフレームがすっかり定番になりました。
バネ性の強弱もフレームごとにそれぞれで、ユーザーの掛け心地の好みで選べて嬉しいですよね。
そんなフレームの中でも、『しなやかなバネ性』と『適度なホールド性』を実現したバネリーナ(βanerina)のご紹介です。

バネリーナ1バネリーナ2

『バネ性』と『ホールド性』を兼ね備えた掛け心地を実現するため、『反発』と『形状維持』の機能を持ったヘアピンの構造に着目。
それは長さが違う2つのアーチ(弧形)を組み合わせるという、とてもシンプルな構造から生まれています。
この構造をフレームのテンプルに応用したものがこちらの『マルチアーチシステム』です。

バネリーナ6バネリーナ4

軽量で弾性に優れた素材であるβチタンの板材をダブルアーチとシングルアーチに加工し、一枚のテンプルにしてあるのです。
構造・機能的に優れているだけでなく、抜き加工による幾何学模様をあしらい、緻密な設計と繊細でエレガントなデザインが融合した、完成度の高いフレームとなっています。

バネリーナ3

とっても美しいですね!

レンズの型も、視野が広くとれてお顔を優しく見せてくれる丸みを帯びたフォルムが中心です。
鼻パッドには、外周の跡が付きにくくファンデーションが取れにくい『ハイロンパッド』採用で、女性には嬉しいこと尽くめです。

掛け心地のよいメガネが欲しいけれど、ふにゃふにゃしたフレームはなんとなく苦手だわ~。という方、バネリーナおすすめですよ!

バネリーナ5

βanerina、バネリーナ、バレリーナ?
だじゃれじゃないですよ!βチタンとバネとバレリーナの優雅さをミックスしているのです♪

Share